AMI JAPANシニアトレーナー(アラガン社指導医)によるヒアルロン酸注入&ボトックス注入なら千春皮フ科クリニック広尾院へ

千春皮フ科クリニック
広尾院

ボトックス注入

千春皮フ科クリニック ボトックスへのこだわりと思い

千春皮フ科クリニック広尾院 総院長 渡邊千春総院長 渡邊千春

私が美容医療に携わり始めた18 年前、ボトックス治療に出会いました。
当時の日本ではまだ注入治療が今ほど身近なものではなく学ぶ場所も機会も少なかったため、セミナーを受けるために海外や地方にまで出かけては知識と技術習得に努めました。その甲斐があってか6年前からはアラガン社の認定指導医をさせいただくまでになりましたがまだまだ勉強は続き、今に至ります。
ボトックス注入はしわを数日の間に速やかに改善する治療法です。当時私はその目を見張る効果に感動を覚え、出会った日からこの治療に情熱を持って取り組んでいます。
しわを改善しお顔の表情筋を美しく整える治療がボトックス注入です。しわを改善するためのボトックスのターゲットは表情筋ですが、表情筋は喜怒哀楽を表すのに欠かせない筋肉です。
喜怒哀楽という言葉に関して言えば喜怒哀楽が激しいと言われる方は感情表現が激しいとされ、時に敬遠されることもあるかもしれません。また喜怒哀楽が乏しい、または、ない、などと言われる人は感情表現が少なく、何を考えているのか分かりにくいと思われてしまうこともあるかもしれません。
顔の表情筋は限度を超えて大きく動きすぎても上品さを損なってしまったりすることがありますし、あまり動かないと能面のように見えて、人間らしい感情表現が伝わりにくいことがあります。
ボトックス注入はしわを改善するだけでなく、例えばガミースマイルを改善するとより笑顔が綺麗になるように、程よく美しく表情筋を調節することができます。

私がボトックス治療を始めた頃は、誰にでも同じ量で同じポイントにたくさん入れるほど効果的との考えが一般的で時にはボトックスが過剰に効きすぎて一時的でも表情に不自然さが出てしまう症例もありました。
その後ボトックス治療は進化し続け今では患者さま一人一人の筋肉の動きやボリュームに応じて注入量を調節し、よりナチュラルで美しい結果をだすことが可能になりました。1人1人の表情筋のボリューム、表情筋によって作られる美しさはそれぞれですから、ボトックスを注入するポイント、量、打つ層により効果は変わります。ボトックスは筋肉の動きを調節しますので、これらの力加減をうまく調節できると、しわが改善して若々しくなるだけでなく、より女性らしく、優しく上品な笑顔を表現しやすくすることができるのです。
私自身も30代後半から53歳の現在までずっと定期的に治療しています。例えて言うと、アイロンを当てて皮膚を伸ばすような効果があるので確実に同年代の友人よりしわが少ないと指摘いただくことが多くあります。ボトックスは私自身のアンチエイジング治療にとっても大切な治療法の一つです。
ボトックスを注入すると表情が硬くなる、笑えなくなるのではないか、など心配される患者さまもいらっしゃいます。今でも他院でボトックス注入を受けて表現か固まってしまったという方も時折伺います。ボトックス注入は適切に投与量を調節し、的確な部位に注入することにより自然な表情をのこしてしわを改善する効果 が期待でき、一人一人カスタマイズするオーダーメイド治療とも言えます。
千春皮フ科クリニックのボトックス注入は、自然な表情筋の動きを大切にし、ボトックス注入により単にしわを改善することだけでなくその人らしい美しい表情をさらに美しくすることを目的としてています。実際の注入はまず、初診の方はとくに患者様のニーズにあわせて副作用がでないよう、その方の表情を良く観察し、注入量を調節して行います。経過をみて不十分な場合は2週間後に追加注入させていただいています(2週間後の注入はコストフリーです)。
またボトックスは副作用が少なく安全性も格段によいのが魅力の一つです。
表情じわにお悩みの方、美しくしわを整えたい方、5年後10年後も若々しくいたい方、ぜひ千春皮フ科クリニックのボトックス治療をお試しください。