老人性色素斑や雀卵斑などを
除去するレーザー治療

SPECTRA(シミ治療)

SPECTRA(シミ治療)とは

スペクトラレーザーとは

スペクトラは、米国FDA(アメリカ食品医薬品局)で承認されたQスイッチレーザーであり、1台で532nm(KTPレーザー)と1064nm(NdYAGレーザー)という2つの波長を持つ機器で、多様な色素性病変の治療に対応することができます。従来は、不均一であったレーザーの波長を均一(トップハットビーム)にすることで、より効果的で安全な治療が可能となりました。選択的にメラニンに吸収される安定したレーザー光を照射することで、表在性の色素斑であれば1回の照射で薄くすることができます。(シミの種類や肌質によります。)

治療後の経過と注意点

  • 照射後はほてり感や少しヒリヒリ感がありますが、1時間程度で落ち着きます。
  • 照射直後より灰色となり黒色のカサブタに変化し、1~2週間で自然に剥がれます。
  • 「デュオアクティブ」という皮膚欠損用創傷被覆材を貼ります。剥がれたら貼り換えていただき1週間は貼付を継続してください。
  • 照射から1週間後に経過診察を致しますので必ず再診をお願いします。その際に被覆材を剥がします。
  • 照射後、1~2か月ほどの間は一時的に色が濃くなる場合もありますが、徐々に薄くなります。
  • かさぶたが取れたら、赤みのある新しい皮膚ができています。治療した部分は照射後1~2か月の間は特に紫外線の影響を受けやすく、かえって色が濃くなることがありますので、色素沈着の予防のために美白剤を使用(医師の処方)し、紫外線の予防(日焼け止め等)を心掛けてください。

このようなお悩みや症状に

  • 老人性色素斑(シミ)
  • 雀卵斑(そばかす)

治療の流れ

治 療 時 間
治療部位の大きさや深さにより異なります。
施 術 中
照射前に照射部位をクーリングします。
レーザーを照射します。照射時は、輪ゴムではじかれたような軽い痛みを感じることがあります。
回数の目安
ほとんどのしみは一度の照射で薄くなることが期待できますが、しみの種類・部位によっては効果が出るまでに回数かかることがあります。
ダウンタイム
施術後はメイクをしてお帰りいただけます。
照射後はほてり感や少しヒリヒリ感がありますが、1時間程度で落ち着きます。
ほとんどのしみは一度の照射で薄くなることが期待できますが、しみの種類・部位によっては効果が出るまでに回数かかることがあります。
・通常は麻酔なしで行える施術ですが、追加料金にて麻酔を使用することも可能ですので、ご希望の方は予約時にお申し出ください。(¥2000+税)

料金について

※税抜価格
直径3mm以下¥3,500 
直径5mm以下¥7,500
直径10mm以下¥10,000
直径15mm以下¥20,000
直径20mm以下¥29,000
直径25mm以下¥35,000
直径30mm以下¥52,000
直径35mm以下¥67,000

※広範囲のレーザー治療を行う場合は、適切な設定を決めるためにテスト照射をおすすめしております。
小さいシミのテスト照射は行っておりませんのでご了承ください。

各種クレジットカードのご利用が可能です。
※美容皮膚科・形成外科(自費診療)で一括払いのみとなります(一部対象外がございます)。

ページのトップへ戻る